上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月末日を〆切りにした掌編小説第3弾……しかし、あまりの多忙さに書けず。
二ヶ月の沈黙を破り、やっと復活です。長かった!!
お題「描く」ジャンル問わず。
今度の舞台はお寺。
副題「謎解きはお経の後で」ってをいwww

いるか堂


「あの」と背中で声がした。
 そらきた、と思いつつ、黙って筆を走らせていると、ジリと畳の擦れる音がした。
「あの!」
「何?」
「聞こえてるじゃん」
「当たり前だ」
 バケツに筆を放り込み、胡座のまま体を入れ替えると、仁王立ちの少女と目があった。高校生だろうか、肩に鞄をかけ、カーディガンのポケットに手を突っ込んでいる。ついと目線を戻すと、健康そうな太ももの隙間からご本尊様が見えた。罰当たりな話だ。
「お前」
 俺はため息と共に肩を落とした。
 まただ。またこのパターンだ。何でこんな小さな寺にばかり次から次へと問題児がやって来るんだ。ここは駆け込み寺か?東京だぞ。御茶ノ水だぞ。田舎の大寺じゃあるまいし、いったいぜんたい俺が何をしたって言うんだ。
「まず靴を脱げ靴を」
 呆れ顔で諭すと、少女は「あそっか」と言って脱いだ靴を縁側に揃えて戻ってきた。
「それで?」と頭をひと撫でする。少々伸びてきた髪がザラリと手の平を擦る。少女は俺の頭をマジマジと見つめ、「お坊さんだ」と当たり前のことを呟いた。今さら過ぎるだろ。
「用事は何だと聞いている」
「あたしりほ。里の稲穂で里穂」
「それで?」
 里穂と名乗った少女は、意外にも畳に正座し、キョロキョロと本堂を見渡している。欄間から差込んだ西日が、ガランとした座敷の中に七色の影を落としていく。
「何描いてたの?」と里穂が訊ねた。
「趣味でね、思い浮かんだ風景を描くのさ」
「お坊さんなのに?」
 何の関係があるんだ?と首を傾げる。どうもこの女といると調子が狂う。明美ちゃんの方がまだマシだ、などと俗世に思いをはせていると、里穂が庭の蓮池に目を留めたまま呟いた。
「見つけて欲しい物があるの」
「だろうな」と相づちを打つ。「何で?」と聞きたげな里穂の顔をよそに続きを促すと、里穂は一瞬躊躇ってから顔を上げた。
「見つけて欲しいの。あたしを殺した男を」
 ふわり、と風が舞い込んだ。
 下校時間なのだろうか、門の外から子供達の話し声が聞こえては消えた。ふむ、と頷いて無精髭を撫でる。少女の拳が震えていた。
「分かった」と俺は立ち上がった。
「え?」と里穂が顔を上げた。
 俺は少女に画用紙を差し出した。絵を見た途端、里補の顔が強ばった。
「これあたしん家……誰この男」
「行くぞ。靴捌け」
「行くってどこに?」
 里穂は絵を放り投げ、俺の僧衣の袖を引いた。俺は少女の頭を優しく撫で、いつもどおりの笑顔を向けた。
「決まってるだろ。そいつの所さ」


スポンサーサイト

テーマ: 自作連載小説
ジャンル: 小説・文学

ゼロ

Category : 雑記

こんばんは。
今日は大好きな bump of chiken のニューシングル「ゼロ」について。
まあ何というか、
全力で好きです。

そいだけなんですけどねw

「天体観測」「ハルジオン」「ロストマン」「ギルド」「車輪の唄」「R.I.P」歴代の名曲に負けてないです。
何ですかね、
あのまるで闇から手を差し伸べるような藤原さんの声は。
どこかそっけないのにけして突き放さない。
だからといって抱きかかえるわけじゃなくて、ただ手を差し伸べるあの感じ。
惚れてしまうやろーーーっ!をい

そんなわけでフル視聴↓

♪視聴「Bump of chiken / ゼロ」

バンプの何がいいって声もですが、歌詞ですよ。
ギルドの歌詞なんか嗚咽ものです。
Kや車輪の唄や天体観測は完全に一つの物語です。
今回はどっちかな。
両方?


怖かったら叫んで欲しい すぐ隣に居るんだと知らせて欲しい
震えた体で抱き合って 一人じゃないんだと教えて欲しい
あの日のように笑えなくたっていい
だって、ずっと、その体で生きてきたんでしょう

んー
こうやって書いてしまうとどこか安っぽくなるから難しい。
でも、神曲「ギルド」の歌詞に通じるものがあります。藤原さんの根っこにはいつも、今のまま生きていけばいいんだよ、というメッセージがある。そう思うわけです。


あ。
これファイナルファンタジーのテーマソングなんですね。知らなかった。てか、今のFFってグラフィックここまで来てるのかすげええええええええええええええええええええ!!!!!
enntry & comment
access ranking
[ジャンルランキング]
小説・文学
10109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
2740位
アクセスランキングを見る>>

FC2小説ブログ にほんブログ村 小説ブログ
profile

楓 十色

Author:楓 十色
仕事との両立に悪戦苦闘しながら、それでも物書きを止められない人。工学博士(防災工学専攻)、技術士(建設部門)。

counter

※二度踏みノーカウント
link
seach word

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。