スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000文字小説 secret base

Category : 掌編小説

掌編小説のススメ」にて企画した1000文字小説を書いてみました。
お題は夏の風物詩、字数制限1000字、ジャンル問わず。では、どうぞ。

* * *

いつも朝顔が笑ってた。
玄関に並んだその花は、歌うように笑ってた。
たくさん水をあげたっけ。毎日欠かさずあげたよね。
だから背中が曲がったの?
そう婆ちゃんに尋ねたら、そうかものおって笑ってた。
駅まで電車で三時間。
そこからバスで一時間。
母さんにもらったお小遣い。父さんがくれた麦わら帽。迷わず一人で来れたんだ。すごいでしょって大いばり。

天井に吊った蚊帳の中。まるで僕の秘密基地。
客間に敷いた二組の布団、縁側近くが特等席。窓を開けて横になる。
火照った体を夜気が包む。
庭ではしゃいだ花火の煙、蚊取り線香のかすかな匂い。
鈴虫と蛙の鳴き声たち。賑やかなのに静かな夜。
すごく、すごく静かな夜。
月明かりに浮かぶ稲穂たち。それから遠くの三岳の山。淡く透き通った紺色世界。遠くで顔を上げたのは、子鹿の群れかそよ風か。
倉の奥から望遠鏡。三脚立てて境筒置いて、照準絞って覗いてみても、結局巧く見えなくて。山から突き出たスギの木や、はくちょう座なんか探してみたり。そのうちそれも飽きてきて、ほったらかしで朝寝坊。

朝露踏んでクワガタ捕り。ボーボーと聞こえる何かの声。怖くなって諦めて、ドングリばっかり籠の中。
あれは鳩だよ、と婆ちゃんは言った。
うそだ、鳩はあんな鳴き方しないよ、と僕は返した。
朝霧の中の帰り道、にこりと笑った婆ちゃんは、黙って僕の手を握ってくれた。
婆ちゃんの手のひら大きくて、かさかさしてて柔らかで、いつも僕を待っててくれた。

またおいで、と婆ちゃんは言った。
うん、また来る、と僕は笑った。

玄関に並んだ朝顔は、鉢の中で咲いていた。
鉢には三本の棒が立っていて、頭でキュッと結ばれて。じゃれあうようにツルたちが、たくさん花を咲かせてた。
あの日と同じ景色でも、やっぱりどこか違ってた。
三岳の山も蝉の音も、蛙と鈴虫の合唱も、田んぼの苔やあぜ道や、昼を告げるサイレンや、少し曲がった電柱に、昔っからあるイチョウの木。
あの日と変わらぬその場所に、あの日と変わらぬ陽が差して、土手を流れる小川から、カラン、コロンと音がする。
婆ちゃん、来たよ。と呟いて、小さく鳴らした鐘の音は、線香の中で揺れていた。
もう伝えることはできないけれど、手を握ることもできないけれど。今だから分かることがいっぱいあって、聞いて欲しいこともたくさんあって。何から話そうか悩んだけれど、ふっと最初に浮かんだ言葉、

「なあ婆ちゃん、あれはやっぱり鳩だったよ」



テーマ: 自作連載小説
ジャンル: 小説・文学

コメント

私はフクロウだと言い張りました(笑

こんばんは、楓さん。

文体が、凄く綺麗ですね。
歌のような、詩のような。
リズムが、次々と文字を頭の中に入れてくれる感じで。
意味を考える前に、光景が流れ込んでくる。
凄い、凄いなぁ楓さん。

小さい頃の大冒険。
一人で行った、いつもと違う場所で。
初めてのコトがいっぱいで。
それは大人になってからも、心の中の秘密基地。
大切な大切な、思い出ですね。

とても素敵なお話でした!
って、外れたことかいてたらごめんなさいですが^^;

で、タイトル。
私は「ボーボ」をフクロウだと言い張りました。
だって「くっくるー」じゃない!と。
いや、大人になるにつれて分かったんですが。
あれは絶対フクロウだ!と言い張って、親戚にぬる~い目で見られたことを思い出しました(笑

>kazuさん

こんばんは。
この作品、文章のリズム一つでどれだけ読者に伝わるか、というのを試したくて書いてみました。
歌のような、詩のようなと言っていただけた時点でまず安堵です。
ありがとうございます。
全然外れてなんかないですよ!!
てか、もし僕の意図と外れたコメントを下さったとしたら、それこそ僕には願ってもない「勉強材料」になるわけで、どんどん忌憚ない感想をくだされば幸いです♪

ちなみに、意識としては、前段はゆっくり昔の回顧。後半は「、」で単語を繋いで、過去から現在までを走馬燈のように思い起こすことで、徐々にリズムを早めたつもりなのですが、さて、その辺巧く伝わってますでしょうか。

ちなみにこれ、ほぼノンフィクションです。
とにかくあのボーボーが怖くって、結局山には入れず、近くに落ちてたドングリをやたら拾って帰った記憶があります。
フクロウなるほど。
僕はナマハゲみたいなのを想像してちびりそうでした。笑

どんどんと…

chachaさんちに行くといっておいて、ここにひっかかりました(←おい
だって、待っていたんです♪

走馬灯のように、想い出が駆け巡る、そのままのリズムの文体で。
途中からどんどんと、先が予測できて、切なくなっていく。

たくさん、思い出せる限り、たくさんのものが出てくる。
それがよけいに切なさを倍増させます。

そして、最後のひとことが……
とても染み入ります(><。

様々な表現方法がある。なるほどと思います。
回想がほとんどなのに、確実に現実の状況へと辿り着く予感。ひきつけられて、最後に、今の心情にぶつかる。
上手いです~!!
素敵な作品を、ありがとうございます!

トーナメントには、参加しないのですか?(^^)

>らんららさん

すみません。
お待たせしておいてこんな感じに……
正直、かぶってるな、と思ったんですよ。夏休みの帰省とか、なんかそんな感じが。kazuさんとも、らんららさんとも。それならいっそ、技法を変えてみたらどうなるかな?と。それが出発点でした。

らんららさんの感想、巧すぎでしょ。
なんか背中がこそばいです。笑
回想から今へ、その流れは考えていました。と同時に、ゆったりしたリズムから思いを吐き出すような息苦しいリズムへと盛り上げて?いくことも。
でもね、まだまだ足りないなと思うんです。だけど、何が足りないのかがわからない。いつかもう一度これを読み返したとき、ぱぱっと推敲して昇華できるようになりたいものです。

トーナメント、ですか。この作品で?んー、正直成熟度はまだまだ低いと言わざるを得ないのですが、鼻息を荒げるような大会でもないですし、気軽にまた応募してみるのはありかもしれませんね。明日までに新作で短編書ききる自信も皆無ですし←本音(笑
もすこし考えます。
暖かいコメントありがとうございました♪

すごい!!

詩だ!詩なのに小説だ!なんだコレー!?
面白いですね^^こういった技法があるとは驚きです!
詩のような流れだから、とんとんと自分の中でリズムが出来て、するすると読んでいける。
一つ一つの描写もしっかりで。あ、そうか、会話文がないからまた描写部分も増やせたのかな?と思ったり。

私もらんららさん同様、結末が途中から見えてましたが。
別に隠すことではないですもの。逆に切なさまで加わって、胸がぎゅっとなりました。
この風景、いいですね~♪懐かしい夏の香りがします^^

あ。kazuさんはフクロウだったのか!
私はウシガエルかと思ってました…ぷっ。
う~ん、素敵な作品でした!ごちそうさまデシタ♪

>chachaさん

こんにちは。
はい。
詩です。でも小説です。
以前から文章の配置で読み手のリズムを操れないかなという試みは時折していたのですが、この作品では、ただその一点だけを意識して書きました。
正直な話、駄作だな、とも思わなくもないのですが、皆さんの暖かい反応を見るにつけ、最初の目的はほぼ達し得たかなと考えています。ありがとうございます。

会話文を最後の一行に集約することは、書き始めた当初から考えていました。もちろん、それで描写が増やせるメリットもありますし、この方がよりストンと最後落とせるかなと考えた結果でもあります。結末が見えることも、それを匂わす言葉を伏線として敢えて置きました。後半のテンポアップもすべて最後に帰結させるための効果として使いました。

でも、んー、やっぱりまだ実力不足で、当初イメージしていたもっと匂い立つような作品にまでは昇華できませんでした。やはり、本質的に僕には心理描写能力が欠けているんでしょうね。これからの課題です。

ちないに
ウシガエルは「グォ……グォ……」です。←僕的に(笑

鳩は…

ボーボーと鳴くのか……(知らなかった)

詩的に紡がれる言葉に、麦藁帽子を被り、網を持って弾むように歩かされ、虫を探して見上げているうちに、だんだんと速まる風に巻き込まれてストンと落ち着く。
そんな感じでした(どんなだ)

優しい田舎の景色とお婆ちゃんの笑顔が目に浮かぶようで、ホロリときました。
こんな風に心に染みる作品を書いてみたいものです。

読みましたよ♪

こんばんわ~楓さん(^^)/

読みましたよ~!!
小説など何も知らないウチが
感想コメをしていいもんなのかわかんないんじゃけど・・・
いいのかにゃ~書いても。

とっても流れが良くて
スムーズに頭に入ってきてその場面をほんとに見ているようで・・
なんか切ないな~(>_<)
あっという間に読んじゃったよ!

まだまだ楓さんの作品を読みたくなったよ~(^^♪
って時間の合間合間で一つ読み進めてるんだけどね(笑)

またコメしますね~(^_-)-☆

>くらちゃん

おふぁぁぁああ
くらちゃん、ちゃっす!コメントありがとございます♪
そうそう、そういう感じ。それが巧く伝わったのなら、僕としてはこの短編を書いた甲斐があった、しめしめなのです。

朝顔を起点に物語は回想から今へと移り変わるわけですが、僕としてはそこをもっと鮮明に映像が広がる感じにしたかったなあと今更ながら思ってみたり。書いた時はそれなりに「よし」と思ってみても、読み返すたびにちょろちょろちょろちょろ粗が出てくるんですよね。嫌だわあ。笑

くらちゃん、書けるじゃん。
何なら〆切までまだ日にちありますよ。どです?1000文字。

>なぎちゃん

こんこん
二度目の登場ありがとー!!!
いいですいいです。物書きではない読者様の声ってのもすごくためになるのですよほほ。
そして、
ああ、
良かった。
そう思ってもらえたなら大満足。僕のリズムは、読者にもちゃんと同じリズムで伝わっているということなのかな、と安心です。
切ないでしょ。
おばあちゃんが死んだとき、弟と従弟と一緒に仏前の前で何も話さずに座り込んでいました。長男だし、すっごい良くしてもらっててね。

いつでも、どれでも、マイペースで遊びに来てください。
待ってるよん♪
非公開コメント

enntry & comment
access ranking
[ジャンルランキング]
小説・文学
4603位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
1138位
アクセスランキングを見る>>

FC2小説ブログ にほんブログ村 小説ブログ
profile

楓 十色

Author:楓 十色
仕事との両立に悪戦苦闘しながら、それでも物書きを止められない人。工学博士(防災工学専攻)、技術士(建設部門)。

counter

※二度踏みノーカウント
link
seach word

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。